印鑑を扱う上で

印鑑イメージ

購入するときと保管、あと気をつけることといえば、使うときですよね。
慎重に使うって、つまりはどういうことなのでしょうか。
押印する文書の内容をしっかり読むことは基本ですが、現代はこのように知ろうとすれば情報はいくらでも手に入る世の中ですから、ある程度の知識を持って、危ない使い方をしないことです。

たとえば書類の内容におかしなところが無かったとしても、所定の場所以外、とくに欄外に押印を求められたりしたら、ちょっと気をつけたほうがいいです。

文書の欄外に押印することを捨て印といいます。
もともとの意味合いは、後で文書に訂正があった場合ふたたび押印する手間を省くために、あらかじめ欄外に訂正印を押しておくというものです。
しかしよほど信頼のおける相手との契約の場合でなければ、自分の与り知らないところで文書に変更があったとき、それを認めたことになってしまうおそれがあるので心配です。

基本的に文書の欄外へ押印することは危険だと思ってやめておいたほうがよいでしょう。
白紙に押印するのも危険ですから、絶対にやめましょう。

実印や銀行印や認め印など、印鑑にはいろいろな呼び方というか種類がありますが、呼称によらずどれでもむやみに押したりしてはいけないものです。

どんな印鑑でも誰が押印したのかを明示し、持ち主である押印した者が文書の内容を間違い無く確認および了承しましたという意思表示の働きをするものであることに変わりはありません。
印鑑を押印するという行為には重要な意味と法的効力があることを、常に頭においておかなければなりません。

〔お奨めサイト!ご紹介コーナー〕

プロが選んだ高品質の素材を使用した様々な印鑑を取り扱う、メーカー直販印鑑卸売市場のご紹介です。
実印、銀行印、認印など、「捺印する」という行為は、とても重要で責任のある行動と考えています。
そんな印鑑だからこそ、大切に選びたい。
価格以上に品質の高さに驚く、印鑑屋さんだと思います。一度、ご検討下さいね。

ページの先頭へ