どんな印鑑を選ぶか

印鑑イメージ

気をつけられることは保管のしかた以外にもあります。すごく基本的で初歩的なことです。

それは印鑑を買うとき、どんな印鑑を選ぶかです。
実印をはじめとする印鑑が悪用されるのは、なにも盗みだされるケースだけではありません。

もっと簡単な方法があります。悪用しようとする印鑑と、まったく同じものを持っていればいいわけです。
偽造なんて最も大変じゃないかと思いますが、偽造するまでもなく同じ印鑑を手にできることがあります。
それは本体が機械彫りの大量生産品だった場合です。
同じ店で同じ文字のものを買えば、それだけでまったく一緒の印鑑が手に入ることになります。

印鑑屋さんの広告なんかを見ると、実印と銀行印のセットというような商品を見かけたりしますが、実印とはショップにあるものではありません。
印鑑は印鑑登録手続きをしないと実印にならないし、銀行印は銀行の書類に押さないと銀行印になりません。

ショップから買ってきた時点では、印鑑はただ印鑑でしかありません。
店頭やショップのサイトで実印や銀行印と銘打って売り出されているのは、正確に言うと実印にするのに最適、銀行印にするのに最適の印鑑ですよ、ということです。

悪用を防ぐことのほかにも、印鑑登録が認められるようにだとか、照合の意味を果たし得るかとか、総合的なことがらから見て最適な印鑑を提案してくれているのです。
印鑑は機械彫りだと同じものが世の中に大量に出回っているため、手彫りで作ってもらえるところで買いましょう。長く使える耐久性のある素材で作ることも大切です。

ページの先頭へ