どうして印鑑を押すの?

印鑑イメージ

印鑑の一番基本的な効力とは、誰が押印したのかを明示できることです。
印鑑には持ち主の苗字か名前、もしくは両方が彫られていますからね。
そして印鑑を押すことの一番基本的な効力とは、捺印した者が文書の内容を間違い無く確認、および了承しましたという意思表示ができることです。

印鑑と押印の効力は、実印に限らずどんな印鑑でも同じで、客観的に誰が押印したかが分かる印鑑ならどんな三文判でも法的にこの役割を果たします。
実印は1人で1つしか持てない格別な印鑑ですが、意味と役割でいえばそれ以外の印鑑となんら変わりはありません。

しかし違うのは、実印は役場が第三者となって本人証明をしてくれる点です。
実印でない印鑑では本人証明のすべがありません。

本人証明してもらえるから気楽に使っていいとか、してもらえないから実印以外使わないでおこうなどということではなく、どんな印鑑でも押印すれば押印した者は文書の内容に了承しました同意しましたという意思表示をしたことになってしまうので、どんな印鑑でも慎重に使わなければいけませんよということです。
とくに実印は、本人証明の効力を持っていることで逆に最もリスクを背負っている印鑑です。

実印が他人の手に渡ってしまうととても危険です。
役場は登録してある印影とその人の持つ印鑑の印影が同じかどうかで本人であるかどうかを判断するのです。
赤の他人が持っていても、印鑑登録した印影と一致すればその人があなた本人だという証明がなされてしまいます。
実印の保管には特に気をつけましょう。

ページの先頭へ