印鑑登録とは?

  • RSS

印鑑登録をしたことはありますか?
というより印鑑登録というものを知っていますか?
では印鑑登録するとどうなるのか、しないとどうなるのか、知っていますか?

印鑑登録という制度は、習慣としてはその以前からあったものの明治時代に政府が定めたものです。

印鑑登録とはひらたくいうと印鑑を紙に押してうつった文字のかたち(これを印影と呼びますが)を
役場に提出して保管しておいてもらうというものです。

印影を提出して印鑑本体は持ち帰ります。
すると印鑑本体を利用したときに、役場という第三者に、たしかにこの印鑑は本人のものですと証明してもらえるのです。
また逆もしかりで、身に覚えのない契約だと思ったら、本人のものでないということの証明になります。
つまり役場に提出するのは照合用の印影で、この印影を持っていたら私ですということを登録するのです。

実印の重要性って?

このように実印は他の印鑑と比べると重要な役割を持っており、実印を使う場面としては車などの購入取引や不動産の購入取引、遺産相続や官公庁での手続き、法人を立ち上げる時や保険金、補償金を受け取る時、借用書、契約書などを公正証書にする時などです。
法律上、社会上の権利や義務が発生する時には必ずと言っていいほど実印が必要になるでしょう。ですから、例え家族であっても実印を共有することは避けた方がいいですし、実印を作る場合には姓だけではなく名前を彫刻する人も多くなっています。

実印選びについて

実印は自分自身を証明するために重要な役割を持っており、実印にする印鑑選びにも注意が必要です。
基本的にはオーダーで実印や銀行印を作る人が多いでしょう。人の顔と同じ様に印鑑の印影には二つとして同じものはありません。
この印影と本人が一致することで法律上、社会上の権利を主張したり義務を負うことになるのです。
ですが中には実印に使用する印鑑に既製品、つまり三文判などの安価な印鑑などを選ぶ人がいます。

もちろん、三文判でも登録申請をして受理されることで実印にすることはできます。
三文判は認印などとして使用する上では特に問題はないのですが、大量生産で機械によって作られているので他人が同じ印影の印鑑を入手することも可能となってしまうのです。
印鑑登録をした実印に同じものが存在し、さらにそれを他人が所有しているとしたら様々な問題が生じてしまいます。
また登録の際に持っていく印鑑でも登録することができる印鑑には条件があります。
ゴム印などの変形しやすい材質のもの、8mmから25mmの正方形に収まらないもの、印影が不鮮明なもの、文字が切れているもの、ローマ字で作ったもの、本人の氏名と認め難いデザインのもの、氏名以外の個人情報が入ったもの、外枠がないものと厳しい条件ではないのですが、ある程度の条件に従って実印を作る必要があります。

実印にする印鑑の素材選び

自分自身を証明することができ、重要な場面で必要になる実印ですが、では実際に実印を作る時にはどんな素材を選べばよいのでしょうか。
印鑑登録によって実印とすることができるものは一人1本となるのでできれば長く使うことができる特別なものを用意したいものですね。
印鑑の素材として一般的なのが木や象牙、角などでしょうか。また最近は金属や樹脂といった素材も増えてきています。
実印として選ぶ印鑑は長く使用することができるものという条件をつけるので耐久性があるものを選ぶとよいでしょう。
耐久性のある印鑑の素材としては金属のチタンや木の玄武、黒檀などがおすすめです。

この印鑑登録を済ませた印鑑のことを実印といいます。
印鑑登録は1人の人が何本もすることはできません。
実印は誰でも1本しか持っていません。
身に覚えのない契約の場合、本人の押印でない証明にもなると書きましたが、
後からそういう証明をするというケースはまずなくて、契約するときに実印である証明をした上で契約を結ぶことになります。
実印である証明をしてくれるのが印鑑証明書です。

印鑑登録した役場に申請して発行してもらいます。
実印はこの印鑑証明書とセットになってはじめて効力を発揮するという具合です。
印鑑証明書を発行するというシステムは、印鑑登録制度ができてからしばらくの後、
事務の煩雑を解消するために生まれたものです。

【印鑑激安通販のおすすめサイト】
印鑑の激安専門店@はんこ 最高級のはんこが超特価!

このページの先頭へ